本文へスキップ

都市計画系


鈴木研究室ホームページへようこそ!

研究室について

 本研究室では、住みやすく持続可能な都市の実現を目指し、将来人口分布等に関する世帯シミュレーションモデルの開発やビッグデータを活用した人の移動やアクセシビリティに関する研究を行っています。また、本格的な少子高齢化時代を迎え、高齢者や子育て世代も健康で安全に生活できる都市の実現を目指し、快適な歩行空間に関する研究や住宅団地の再生に関する研究にも取り組んでいます。
 今年で15年目を迎えた本研究室は、おかげさまで毎年優秀な学生が希望してくれており、卒業生の多くは行政機関や建設コンサルタント等の最前線で活躍しています。現在では、大学院生3名、4年生7名が所属しており、日々精力的に研究に励んでいます。毎週行っているゼミ発表や毎年行っている夏合宿、節目節目で開かれる懇親会などを通じて結束が深まり、メンバー間の仲が良い研究室です。